30代の男性Aさん(奥様とお子様1人)のケースです。

家族愛

30代の男性Aさん(奥様とお子様1人)のケースです。
ある日(開業して間もない頃)面識のない32歳の男性Aさんから「遺言を作成したいのですが」とお電話をいただきました。声からも若さが伝わってきましたし、お会いするまでは、ご両親の遺言に関するご相談と思っておりました(恥ずかしい限りです)。
お話を伺うと、『自分に何かがあってはいけないので、今のうちに、嫁と子供に財産を残すように、遺言を作成したい』とのことでした。遺されようと思った動機は何ですか?とお尋ねしたところ、「実は、テレビの影響なんです。遺言は、家族に遺す、最後のラブレターと聞いて、今のこの気持ちを家族に遺そうと思い、先生の事務所にお邪魔しました。」
 

コメント

Aさんの言われたとおり、遺言はあなたから、愛するご家族に遺す、最後のラブレターです。
実際Aさんの遺された遺言は、ご家族への愛が溢れたものとなりました。
Aさんのご家族がこの遺言を目にするのは、まだ先のお話になるかも知れませんが、それを目にされたご家族は、きっと喜びの涙を流すことでしょう。

母親が亡くなった際の50代の兄妹相続のケースです。

母親が亡くなった際の50代の兄妹相続のケースです。 父親はすでに他界しており、長男は30年間母と同居、一方、長女は若くして遠方に嫁いでいました。 遺言が残されていないので遺産分割協議書が必要になります。 兄は「俺は長男や […]

詳細を見る