相続人であれば必ず法定相続分どおりに遺産を分けてもらえるのか?

答えはノーです。 「法定相続分」とは、その名のとおり、法律で定められています。(民法第900条)その割合を相続人ごとに以下に記載します。 配偶者は被相続人に子(孫も含む)や父母・祖父母(直系尊属)、兄弟姉妹(姪や甥も含む […]

詳細を見る

預貯金も遺産分割の対象に!

タイトルにもあるように、以前から言われていたのですが。。 ついに先日12月19日に最高裁で判例が変更されました。 詳しくはこちら⇒ 遺産分割審判に対する抗告棄却決定に対する許可抗告事件 意外に思われるかもしれませんが、今 […]

詳細を見る

お正月こそ「相続」について話し合える最大のチャンス!

さて、平成27年度の国土交通省の調査によると、日本人の約8割が将来「持ち家」に住みたいという希望を持っており、そのうちの半分程度の人が「子どもに資産として残したい」と考えているそうです。 「持ち家」を持つ人の割合は60歳 […]

詳細を見る

法律どおりの分け方でいいから、遺言書は残さない!?

さて、表題にあるようなことを言われる方がおられましたので、これについて一言。 「うちは子どもが3人いるけど、法律どおりの分け方、つまり3等分ってことでいいなら、遺言書は必要ないんでしょ?」   ということなんですが・・・ […]

詳細を見る

相続セミナー in ティア貝塚!

みなさま、ご無沙汰しております。行政書士えびす事務所の川﨑です。 暑い日が続きますが、お変わりないでしょうか? このたび、南海電鉄グループが運営する葬儀会館「ティア貝塚」にて、相続セミナーを開催いたします。 これです! […]

詳細を見る

うち・・・やってますよ。

昨日、ある情報サイトの相続に関するアンケートを見ていたんですが、非常に興味深いデータが掲載されていました。   ・相続に際し、揉め事は起こると思うか? 起こらないと思う     ・・・34.4% おそらく起こら […]

詳細を見る