うち・・・やってますよ。

昨日、ある情報サイトの相続に関するアンケートを見ていたんですが、非常に興味深いデータが掲載されていました。

 

・相続に際し、揉め事は起こると思うか?

起こらないと思う     ・・・34.4%

おそらく起こらないと思う ・・・48.1%

 

実に82.5%の方が相続争いは起こらないと思っているんです。
なるほど。

「うちに限って揉めるはずがない」という心理の表れですね。
だからなのか、次の設問に対しての結果がこれです。

 

・何か相続対策はしていますか?

何もしていない ・・・81.0%

 

8割を超える方がノンガードです。
先程の設問と照らし合わせてもつじつまが合いますよね。
「うちに限って揉めるはずがない」から対策は「何もしていない」んです。

さらに次の設問です。

・相続対策をしていない理由は何ですか?

対策するほどの資産がないから ・・・52.3%

まだ時期尚早だと思うから   ・・・36.4%

 

「うちはそんな金持ちじゃないし、まだまだ元気やしな」といったところでしょうか?

このフレーズ、ほんまによく聞きます。
やっぱり皆さん同じこと思っているんですよ。

で、次の設問。

 

・相続の相談は誰にしていますか(しようと思いますか)? 

誰に相談したら良いかわからない ・・・48.9%

半数近くの方が誰に相談したら良いかわからないんです。
わからないから、何もしない、揉めるはずがない、資産家でもない、まだまだ元気、このまま放置なんでしょうね。

今現在、家庭裁判所に持ち込まれる相続紛争は年々増加しています。
その代表的なトラブル例が「不動産を所有しているが、現金が少ない」ということ。

そしてもう一つが・・・ 「遺言がない」 ということなんです。

遺産分割協議をする際に、兄弟間の仲は良くても嫁さん同士のコミュニケーションがうまくとれていない場合や、生前に親の面倒を見たか見ないかなどでトラブルになる事例は頻発しています。
結果、親族関係が険悪となり、絶縁状態になる家も少なくありません。
それなのに、遺言を書かれている方は全体の1割にも満たないんです。

約半数の方が「誰に相談したら良いかわからない」ということなんですが・・・ うち・・・無料相談やってます。

 

では、また。

行政書士えびす事務所 3年目突入!

皆さん、こんばんわ。 行政書士えびす事務所の川﨑です。 本日(日付が変わっているので正確には昨日)、平成28年4月2日で当事務所も2周年を迎えることができました! つまり、本日より3年目に入ります。 これも皆さんのご愛顧 […]

詳細を見る

離婚に関係するお金の種類

夫婦が離婚する際に取り決めなければならない一番大事なことはお金に関することではないでしょうか?もちろん子がいる夫婦なら、どちらが親権を持つかや面会交流の頻度等も、子の養育について重要なことです。 しかし、あくまで生活が成 […]

詳細を見る

お正月こそ「相続」について話し合える最大のチャンス!

さて、平成27年度の国土交通省の調査によると、日本人の約8割が将来「持ち家」に住みたいという希望を持っており、そのうちの半分程度の人が「子どもに資産として残したい」と考えているそうです。 「持ち家」を持つ人の割合は60歳 […]

詳細を見る