うち・・・やってますよ。

昨日、ある情報サイトの相続に関するアンケートを見ていたんですが、非常に興味深いデータが掲載されていました。

 

・相続に際し、揉め事は起こると思うか?

起こらないと思う     ・・・34.4%

おそらく起こらないと思う ・・・48.1%

 

実に82.5%の方が相続争いは起こらないと思っているんです。
なるほど。

「うちに限って揉めるはずがない」という心理の表れですね。
だからなのか、次の設問に対しての結果がこれです。

 

・何か相続対策はしていますか?

何もしていない ・・・81.0%

 

8割を超える方がノンガードです。
先程の設問と照らし合わせてもつじつまが合いますよね。
「うちに限って揉めるはずがない」から対策は「何もしていない」んです。

さらに次の設問です。

・相続対策をしていない理由は何ですか?

対策するほどの資産がないから ・・・52.3%

まだ時期尚早だと思うから   ・・・36.4%

 

「うちはそんな金持ちじゃないし、まだまだ元気やしな」といったところでしょうか?

このフレーズ、ほんまによく聞きます。
やっぱり皆さん同じこと思っているんですよ。

で、次の設問。

 

・相続の相談は誰にしていますか(しようと思いますか)? 

誰に相談したら良いかわからない ・・・48.9%

半数近くの方が誰に相談したら良いかわからないんです。
わからないから、何もしない、揉めるはずがない、資産家でもない、まだまだ元気、このまま放置なんでしょうね。

今現在、家庭裁判所に持ち込まれる相続紛争は年々増加しています。
その代表的なトラブル例が「不動産を所有しているが、現金が少ない」ということ。

そしてもう一つが・・・ 「遺言がない」 ということなんです。

遺産分割協議をする際に、兄弟間の仲は良くても嫁さん同士のコミュニケーションがうまくとれていない場合や、生前に親の面倒を見たか見ないかなどでトラブルになる事例は頻発しています。
結果、親族関係が険悪となり、絶縁状態になる家も少なくありません。
それなのに、遺言を書かれている方は全体の1割にも満たないんです。

約半数の方が「誰に相談したら良いかわからない」ということなんですが・・・ うち・・・無料相談やってます。

 

では、また。

2015年の6分の1が終わりましたよ~。

1月は行かれ、2月には逃げられ、3月にもこのまま去られそうな勢いのえびす事務所、川﨑です。 気が付けば、もう3月。 このブログもまたまた放置してしまってました。 すみません。。。 いつも思うんですけど、年を取るごとに明ら […]

詳細を見る

LINE@で無料相談始めました!

このたび、LINE@の登録が完了しまして、友達追加するだけで24時間いつでもだれでもどこからでもスマホでの相談ができるようになりました! 1:1でのトークが可能ですので、もちろん当事務所以外に内容が漏れることはありません […]

詳細を見る

法律どおりの分け方でいいから、遺言書は残さない!?

さて、表題にあるようなことを言われる方がおられましたので、これについて一言。 「うちは子どもが3人いるけど、法律どおりの分け方、つまり3等分ってことでいいなら、遺言書は必要ないんでしょ?」   ということなんですが・・・ […]

詳細を見る