預貯金も遺産分割の対象に!

タイトルにもあるように、以前から言われていたのですが。。
ついに先日12月19日に最高裁で判例が変更されました。
詳しくはこちら⇒ 遺産分割審判に対する抗告棄却決定に対する許可抗告事件

意外に思われるかもしれませんが、今まで相続財産の中の預貯金に関しては当然に法定相続分で分割されるものと考えられていたわけです。
ですので、例えば遺産分割協議前であっても相続人の一人が単独で自分の法定相続分に関して払戻しの請求が可能でした。

しかし、今回の判例変更により相続人単独での払い戻し請求は認められないでしょうね。
また相続財産が預貯金のみの場合でも遺産分割調停が可能でしょうし、生前贈与がある場合などは他の相続人から特別受益を主張されるでしょう。
いずれにせよ現在調停中であったり、遺産分割審判中の方には多少なりとも影響が出てくると思います。

でも、一般的には今回の判例は常識の範囲ということになるんでしょうか。

確かに預貯金だけ遺産分割の対象にならないっておかしいですよね。
だって、今まで「現金は債権じゃなくて単純に手元にある金銭やから遺産分割の対象でええけど、銀行なんかにある預貯金は性質が払戻請求権っていう債権やから当たり前に相続分で分割ね~。」ってなってたわけですよ。

 

「・・・はぁ!?」ってなるでしょ?

 

しかも、投資信託なんかも遺産分割の対象とされていることを考えると、預貯金だけが当然に相続分で分割されるのは道義的にもおかしいですよね。

これからは相続財産が預貯金のみであっても当然に法定相続分で分割されませんので、やはり遺言書を活用するべきだと思います。
みなさんも遺産分割でややこしくなる前に遺言書を書いてもらっておきましょうね。

 

では、また。

遺言キャンペーンについて一言、二言、三言・・・。

こんにちわ。行政書士えびす事務所の川﨑です。 ブログ、何書こうかいつも迷います。 あまり案件について具体的なことも書かれへんし。。 毎日更新してる人、ほんますごいなと思います。 さて、どうしようかな・・・。 では、今えび […]

詳細を見る

相続セミナー in ティア貝塚!

みなさま、ご無沙汰しております。行政書士えびす事務所の川﨑です。 暑い日が続きますが、お変わりないでしょうか? このたび、南海電鉄グループが運営する葬儀会館「ティア貝塚」にて、相続セミナーを開催いたします。 これです! […]

詳細を見る