メールやパソコンの中に残された遺言書は有効か?

遺言書には様々な条件が定められており、その条件を満たしていなければ無効になります。

公正証書遺言、秘密証書遺言、一般危急時遺言の場合はワープロ打ちが認められますが、2人以上の承認の立ち合いが必要になるなど、それぞれの条件を満たさなければなりません。

証人の立ち合いなしで作成するのであれば、「自筆証書遺言」と呼ばれる遺言書になります。
文字通り自筆で書くというのが条件となりますので、メールはもちろんワープロ打ちもダメです。
メール以外にも代筆や音声の録音、映像での録画などもすべて無効となります。

自筆証書遺言は、日付や氏名なども含めてすべて自筆で作成しなければなりません。
もちろん押印も必要ですし、日付、氏名、押印のいずれか一つでも欠けていたら、有効なものとは認められません。

ですので、タイトルに対する答えは「メールやパソコンの中に残された遺言書は無効」という事になります。

相続人であれば必ず法定相続分どおりに遺産を分けてもらえるのか?

答えはノーです。 「法定相続分」とは、その名のとおり、法律で定められています。(民法第900条)その割合を相続人ごとに以下に記載します。 配偶者は被相続人に子(孫も含む)や父母・祖父母(直系尊属)、兄弟姉妹(姪や甥も含む […]

詳細を見る