メールやパソコンの中に残された遺言書は有効か?

遺言書には様々な条件が定められており、その条件を満たしていなければ無効になります。

公正証書遺言、秘密証書遺言、一般危急時遺言の場合はワープロ打ちが認められますが、2人以上の承認の立ち合いが必要になるなど、それぞれの条件を満たさなければなりません。

証人の立ち合いなしで作成するのであれば、「自筆証書遺言」と呼ばれる遺言書になります。
文字通り自筆で書くというのが条件となりますので、メールはもちろんワープロ打ちもダメです。
メール以外にも代筆や音声の録音、映像での録画などもすべて無効となります。

自筆証書遺言は、日付や氏名なども含めてすべて自筆で作成しなければなりません。
もちろん押印も必要ですし、日付、氏名、押印のいずれか一つでも欠けていたら、有効なものとは認められません。

ですので、タイトルに対する答えは「メールやパソコンの中に残された遺言書は無効」という事になります。

過去に作成した遺言書を修正・撤回することは可能か?

答えから先に言いますと、可能です。 そもそも遺言書というのは、遺言者の生存中はいかなる効力も発生しません。ただの紙切れ同然です。 遺言書は遺言者つまり遺言書を書いた人が亡くなって初めてその効力が発生します。ですので、遺言 […]

詳細を見る

家族全員仲が良い場合は相続トラブルとは無縁か?

遺産分割とは、相続財産について、誰がどの財産を相続するのかを確定する手続きのことです。 遺産分割をするには、相続人全員で話し合って合意しなければなりません(遺産分割協議といいます。)が、相続人のうち一人でも合意しなければ […]

詳細を見る